あなたの神、主を愛しなさい

一人でも多くの方に福音をとどける思いで、ブログを書かせていただいております。

見よ、わたしはこの人をあなたがたの前に引き出すが、それはこの人になんの罪も見いだせないことを、あなたがたに知ってもらうためである(ヨハネ19:1~5)

(今回は、キリストが無実であるのを公言するピラト、についてふれたいと思います)

 

ヨハネによる福音書・19章の1~5節より

『そこで(=ユダヤ人がキリストではなく、強盗のバラバの釈放をもとめたので)ピラトは(=ローマ総督は)、イエスを捕え、むちで打たせた(=あたかも訴えてきたユダヤ人のめんつをたもつように、無実のキリストを罰しています。ピラトとしては処刑はしたくないので、これでユダヤ人を納得させて釈放しようとしています)。兵卒(=ピラトの配下)たちは、いばらで冠(かんむり)をあんで、イエスの頭にかぶらせ、紫(むらさき)の上着を着せ(=即席で王の格好をさせて)、それから、その前に進み出て、「ユダヤ人の王、ばんざい」と(=揶揄(やゆ)して、あざけって)言った。そして平手でイエスを打ちつづけた。するとピラトは、また出て行ってユダヤ人たち(=祭司長たち)に言った、「見よ、わたしはこの人をあなたがたの前に引き出すが(=つれてくるが)、それはこの人になんの罪も見いだせないことを、あなたがたに知ってもらうためである(=もしキリストがローマの法にもとづいて有罪(=危険人物)であったなら、ピラトの主導でそのまま処刑することも可能です。しかしキリストは無実なので、ユダヤ人の前でそれを公言して、これ以上関わるまいとしています)」。イエスはいばらの冠をかぶり、紫の上着を着たままで外へ出られると、ピラトは彼らに言った、「見よ、この人だ(=このように無実なのに血をながしているキリストを見せることで、彼らを納得させようとしています)」』

 

――――――――――――――――――――

(ピラトはキリストが無罪であるのを確信しているため、自分の手で処刑までするのには気がひけています。そこで痛めつけたキリストをユダヤ人に見せることで、彼らを納得させたうえで釈放しようとしています。このつづきは次回みていきます。どうか一人でも多くの方が、救い主キリストを信じますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

あなたの言うとおり、わたしは王である(ヨハネ18:37~40)

(今回は、この世のものではない神の国の王であるのを、お認めになるキリスト、についてふれたいと思います)

 

ヨハネによる福音書・18章の37~40節より

『そこでピラトは(=ローマ総督は)イエスに言った、「それでは、あなたは王なのだな(=あなたが言うところの、“この世のものではないわたしの国” というものがある以上、あなたはそこの王なのだな。なおこの時点で信仰のないピラトには、理解のおよばない話になっており、やはり神に関するユダヤ人同士の争いだったのか、といったところだと思います)」。イエスは答えられた、「あなたの言うとおり、わたしは王である(=わたしはその神の国の王である)。わたしは真理について(=神ご自身について。またこの世の救い主としてキリストをおつかわしになった、神の真理そのものについて)あかしをするために生れ、また、そのためにこの世にきたのである。だれでも真理につく者は(=キリストを信じたすべての者は)、わたしの声に耳を傾ける」。ピラトはイエスに言った、「真理とは何か(=これはもはや形式的に質問しているにすぎないといったところだと思います。ピラトは信者ではないので、この世のものではない国や、神や、神の真理には理解がおよばず、これ以上尋問(じんもん)したところで、自分が納得できる常識的な答えはひきだせないと悟ったものと思います)」。こう言って、彼は(=キリストを有罪にする具体的なことを見つけられなかった彼は)またユダヤ人(=キリストを捕らえた祭司長など)の所に出て行き、彼らに言った、「わたしには、この人になんの罪も(=ローマに逆らうなんの罪も)見いだせない。過越(すぎこし=かつて神がイスラエルの民を、エジプトから脱出させたのを祝う日)の時には、わたしがあなたがたのために、ひとりの人を(=犯罪をして捕らえられている者を一人)許してやるのが(=釈放してやるのが)、あなたがたのしきたりになっている。ついては、あなたがたは、このユダヤ人の王を(=あなたがたがローマにたて突くユダヤ人の王として訴えているキリストを)許してもらいたいのか」。すると彼らは、また叫んで「その人ではなく、バラバを」と言った。このバラバは強盗であった(=なおピラトは、罪のないキリストを釈放するものとばかりに、こう尋ねました。しかしユダヤ人たちは、強盗の危険人物ともいえるバラバを釈放するように求めたのです』

 

――――――――――――――――――――

(上記でピラトは、キリストを無実としながらも、無条件では釈放せずに、まるで有罪となった者のようにあつかっています。またその釈放のするしないをユダヤ人にゆだねています。そしてキリストを信じていないユダヤ人たちは、強盗のバラバを釈放するように求め、自分たちが神に敵対しているのをさらけだすこととなりました。どうか一人でも多くの方が、キリストを受けいれますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

 

※なお上記では、「それでは、あなたは王なのだな」との問いに、「あなたの言うとおり、わたしは王である」と訳されていますが(口語訳、新改訳2017、エマオ出版訳はこちらを採用)、他の聖書では、「わたしが王だとは、あなたが言っている」というニュアンスで訳しているものもあります(共同訳、回復訳はこちらを採用)。参考にのせておくことにします。

もしわたしの国がこの世のものであれば、わたしに従っている者たちは、わたしをユダヤ人に渡さないように戦ったであろう(ヨハネ18:33~36)

(今回は、キリストが王として治めている国はこの世のものではない、ということについてふれたいと思います)

 

ヨハネによる福音書・18章の33~36節より

『さて、ピラトは(=ローマ総督は)また官邸にはいり、イエスを呼び出して言った(=祭司長などは官邸に入るのをさけましたが、キリストは入っています。これは罪にはあたらないということです)、「あなたは、ユダヤ人の王であるか(=ローマの許可もなくユダヤ人の王を名乗り、ローマを倒そうとしている人物なのか)」。イエスは答えられた、「あなたがそう言うのは、自分の考えからか。それともほかの人々が、わたしのことをあなたにそう言ったのか(=あなたにそう言った者がほかにいるのか。そしてまたあなたはそれを信じるのか)」。ピラトは答えた、「わたしはユダヤ人なのか(=それは訴えてきたユダヤ人が言ってきたことであって、わたしが彼らの同胞であるはずがないだろう)。あなたの同族(=ユダヤ人)や祭司長たちが、あなたを(=あなたをユダヤ人の王として)わたしに引き渡したのだ。あなたは、いったい、何をしたのか(=あなたはユダヤ人を敵にまわす何をしたのか。またローマに逆らう具体的な何をしたのか)」。イエスは答えられた、「わたしの国は(=キリストが王として治めている国は。すなわち神の国は)この世のものではない。もしわたしの国がこの世のものであれば(=この世で繁栄させなければならないものであるなら)、わたしに従っている者たちは(=弟子たちや信者たちは)、わたしをユダヤ人に渡さないように(=捕らえられて縛られないように)戦ったであろう。しかし事実、わたしの国はこの世のものではない(=しかし神の国はこの世に属してはいないので、実際に物理的な武器をもって戦う必要はなく、あなたがたが有罪にできるような具体的なことは何もしていない)」』

 

――――――――――――――――――――

(ピラトは、訴えてきたユダヤ人たちのキリストへの妬(ねた)みを見抜いているので、彼らが言うような、ローマにたて突く王だとは思っていません。ただ裁判をしている手前「あなたは、いったい、何をしたのか」と問いかけています。これに対しキリストは、「わたしが王として治めている国はこの世のものではないから、武器をとって戦うことはなく、あなたがたの法を犯すこともないのだ」という内容をかえされました。このつづきは次回みていきます。どうか一人でも多くの方が、キリストを信じますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

これは、ご自身がどんな死にかたをしようとしているかを示すために言われたイエスの言葉が、成就するためである(ヨハネ18:28~32)

(今回は、ローマの処刑にもとづく十字架の死を、すでに預言していたキリスト、についてふれたいと思います)

 

ヨハネによる福音書・18章の28~32節より

『彼らは(=キリストを捕らえ、裁判をすすめていた祭司長たち、またこれに関わっているユダヤ人は)、けがれを受けないで過越の食事ができるように(すぎこし=かつてエジプトの奴隷だったイスラエルの民を、神がエジプトに災いをもたらして脱出させた日のこと。それを祝う食事ができるように)、官邸(=ローマ市民で、ローマ総督であるピラトのいるかんてい)にはいらなかった(=当時のユダヤ人は、律法(=神からの指針)に管理されていない異邦人をけがれた者とみなしていたので、ここでもかんていに入るのをさけています(レビ18:24~25))。そこで、ピラトは彼らのところに出てきて言った、「あなたがたは、この人(=キリスト)に対してどんな訴えを起すのか」。彼らはピラトに答えて言った、「もしこの人が悪事をはたらかなかったなら、あなたに引き渡すようなことはしなかったでしょう(=彼らは無実のキリストに、神を冒涜(ぼうとく)したとの罪を押しあてて、処刑したい一心でいます。こうしたローマの政治とは無関係の動機であるため、本心をふせた言いまわしをとっています)」。そこでピラトは(=ローマ帝国下で、死刑にする権限をもっているピラトは)彼らに言った、「あなたがたは彼を引き取って、自分たちの律法でさばくがよい(=ピラトはぬかりなく、ユダヤ人同士の、神に関する争いだと気がついているので、ローマに仕えている身の自分は関わるまいとしています)」。ユダヤ人らは彼に言った、「わたしたちには、人を死刑にする権限がありません(=本来神への冒涜は、律法にしたがうなら石打ちの刑です(レビ24:16)。ですがユダヤ人は、ローマによって死刑にする権限をうばわれていました。そこで彼らは、キリストをローマにたて突くリーダー(=ユダヤ人の王)としての、反逆罪に位置づけ、ローマの法律にもとづいて、ピラトに裁かせようと訴えています(ルカ23:2))」。これは、ご自身がどんな死にかたをしようとしているかを示すために言われたイエスの言葉が、成就するためである(=キリストはご自分の死に方について、「モーセが荒野でへびを上げたように(民数記21:8~9)、人の子もまた上げられなければならない(ヨハネ3:14)」と、十字架にかけられるのを預言していました。要はローマの処刑方法である十字架によって殺されることになると、すでにのべておられたのです)』

 

――――――――――――――――――――

ユダヤ人指導者たちは、できるなら自分たちの律法にもとづいて、石打ちによってキリストを殺したいと願っていました。しかし処刑する権限をうばわれていたので、ローマ総督であるピラトに、ローマの法律にもとづく反逆罪に仕立てあげて、キリストを殺させようとしているわけです。そしてこの願いは十字架刑によって実現されていくことになります。どうか一人でも多くの方が、聖書のみことばを信じますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

すると人々が彼に言った、「あなたも、あの人の弟子のひとりではないか」。彼はそれをうち消して、「いや、そうではない」と言った(ヨハネ18:24~28)

(今回は、三度キリストの他人のふりをするペテロ、についてふれたいと思います)

 

ヨハネによる福音書・18章の24~28節より

『それからアンナスは(=裁判が思いどおりに進行できなかった元大祭司は)、イエスを縛ったまま大祭司カヤパのところへ送った(=尋問(じんもん)のつづきをまかせた)。シモン・ペテロ(=キリストの弟子の一人)は、立って(=大祭司の中庭に立ったまま)火にあたっていた。すると人々が彼に言った、「あなたも、あの人の弟子のひとりではないか(=もしそうならあなたも捕らえられる必要がある)」。彼はそれをうち消して、「いや、そうではない」と言った(=キリストの他人のふりをし、二度目の保身につとめています)。大祭司の僕(しもべ)のひとりで、ペテロに耳を切りおとされた人の親族の者が言った、「あなたが園(=ゲツセマネのその)であの人と一緒にいるのを、わたしは(=つい先ほど)見たではないか」。ペテロはまたそれを打ち消した(=これで三度目の他人のふりをしました)。するとすぐに、鶏(にわとり)が鳴いた(=これはキリストがペテロに “あなたは鶏が鳴く前に、わたしを三度知らないと言うであろう(ヨハネ13:38)” と預言したその成就です)。それから人々は、イエスをカヤパのところから官邸(=ローマ総督のピラトのいるかんてい)につれて行った(=ここでは裁判の内容が省(はぶ)かれてますが、キリストはカヤパのところで罪に仕立てあげられ(マタイ26章:57~27章:2)、死刑にする権限のあるピラトのところへつれていかれているところです)。時は夜明けであった』

 

――――――――――――――――――――

(ペテロはキリストに、“あなたのためには、命も捨てます” と言っていましたが(ヨハネ13:37)、結局はキリストが預言されたとおりに裏切ってしまいました。ですが彼はにわとりの声に我にかえったように、涙をながして悔いあらためることとなりました(マタイ26:75)。どうか一人でも多くの方が、キリストによる救いと憐(あわ)れみにあずかれますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

なぜ、わたしに尋ねるのか。わたしが彼らに語ったことは、それを聞いた人々に尋ねるがよい。わたしの言ったことは、彼らが知っているのだから(ヨハネ18:19~23)

(今回は、律法にある裁判の規定にしたがうように指摘するキリスト、についてふれたいと思います)

 

ヨハネによる福音書・18章の19~23節より

『大祭司は(=元大祭司のアンナスは)イエスに、弟子たちのことやイエスの教(=神に関するおしえ)のことを尋ねた(=裁判として尋問(じんもん)した)。イエスは答えられた、「わたしはこの世に対して公然と語ってきた。すべてのユダヤ人が集まる会堂(=ユダヤ教の礼拝をする場所(シナゴーグ))や宮(=エルサレム神殿)で、いつも教えていた。何事も隠れて語ったことはない。なぜ、わたしに尋ねるのか。わたしが彼らに語ったことは、それを聞いた人々に尋ねるがよい(=こうして裁判をするのであれば、律法にしたがって、二人以上の証言者をそちらで準備するべきである(申命記19:15~19))。わたしの言ったことは、彼らが(=ありのままを)知っているのだから」。イエスがこう言われると、そこに立っていた下役(したやく)のひとりが、「大祭司にむかって、そのような答(こたえ)をするのか」と言って、平手でイエスを打った。イエスは答えられた、「もしわたしが何か悪いことを言ったのなら(=律法の裁判のルールに反することを言ったのなら)、その悪い理由を言いなさい(=その悪い点を指摘しなさい)。しかし、正しいことを言ったのなら(=律法にしたがって、裁判をする側が証拠をそろえるべきだと、ただしいことを言ったのなら)、なぜわたしを打つのか」』

 

――――――――――――――――――――

ユダヤ人指導者たちによる、キリストを罪に仕立てるための裁判がはじまりました。キリストは一つも罪をおかしていないので、彼らが証言者を用意できないのもご存じなわけですが、そもそもこれからすすめられていく裁判は、キリストを有罪にして、殺してしまうという結論ありきでおこなわれていくことになるのです。どうか一人でも多くの方が、キリストを信じて救われますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

すると、この門番の女がペテロに言った、「あなたも、あの人の弟子のひとりではありませんか」。ペテロは「いや、そうではない」と答えた(ヨハネ18:12~18)

(今回は、キリストの預言どおりに、キリストの他人のふりをしてしまうペテロ、についてふれたいと思います)

 

ヨハネによる福音書・18章の12~18節より

『それから一隊の兵卒(=ローマの兵隊)やその千卒長(=そのローマ兵のリーダー)やユダヤ人の下役(したやく)どもが、イエスを捕え、縛りあげて、まずアンナス(=元大祭司(大祭司とは神殿をしきっている最高の職位のこと))のところに引き連れて行った。彼はその年の大祭司カヤパ(=現大祭司で、ローマ総督によって任命された人物)のしゅうと(=カヤパの妻の父)であった。カヤパは前に、ひとりの人が(=キリストが)民のために死ぬのはよいことだと(ヨハネ11:49~50)、ユダヤ人に助言した者であった(=神からのことばを、自分でも真意がわからないまま話した者であった)。シモン・ペテロともうひとりの弟子(=ヨハネ)とが、イエスについて行った。この弟子は大祭司の知り合いであったので、イエスと一緒に大祭司の中庭にはいった。しかし、ペテロは外で戸口に立っていた。すると大祭司の知り合いであるその弟子が、外に出て行って門番の女に話し、ペテロを内に入れてやった。すると、この門番の女がペテロに言った、「あなたも、あの人の弟子のひとりではありませんか(=これはもし弟子なら、あなたも捕らえられる必要があります、という意味)」。ペテロは「いや、そうではない」と答えた(=キリストの他人のふりをし、保身につとめています)。僕(しもべ)や下役どもは、寒い時であったので、炭火をおこし、そこに立ってあたっていた。ペテロもまた彼らに交じり、立ってあたっていた』

 

――――――――――――――――――――

(キリストは先ほどまでの食事の席で、ペテロに「あなたは鶏(にわとり)が鳴く前に、わたしを三度知らないと言うであろう(ヨハネ13:38)」とつたえておられました。その一度目の機会が上記になっています。ペテロはあと二度、キリストの他人のふりをしてしらをきることになります(=ただし彼はのちのち悔いあらためます)。どうか一人でも多くの方が、キリストへの信仰にとどまりつづけますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

 

・なお「ひとりの人が民のために死ぬのはよいことだ」の意味をくわしく知りたい方は、このサイト内で「11章の49~52節」で検索をかけて、そちらの記事をお読みください。